seven play's blog

seven-play's blog

サスティナママのおすすめ育児グッズとブックレビュー

2歳男の子が喜ぶ絵本7冊

うちの子は、それまでページを高速でめくるだけだったのに、2歳になったぐらいの頃から絵本をちゃんと見るようになりました。毎日好きな絵本を持ってきて、読んでと催促します。

 

お気に入りの絵本をご紹介します。絵本選びの参考になれば幸いです。

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)

 

一番はこれ。なんだかわからないけどこわ〜いトロルという存在が刺激的みたいです。トロルのセリフは思いっきり低い声で怖そうに読みます。

 

がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん (福音館あかちゃんの絵本)

がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん (福音館あかちゃんの絵本)

 

0歳、1歳の時から「がたんごとん」が好きでしたが、破られてしまったので第二弾を購入。これは効果音を楽しむ本なので、「ざぶんざぶん」が追加されておもしろいらしく、喜んで輪唱してくれます。

 

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

 

こちらもホットケーキを焼く過程の、ぷつぷつ、ぴちぴち、などの効果音が楽しいようです。おままごとしながら「ホットケーキ作りますよ〜ぷつぷつ」などと再現しています。

 

また、実際のホットケーキづくりもセリフを混ぜながら楽しんでくれます。

 

ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ (コドモエ[kodomoe]のえほん)

ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ (コドモエ[kodomoe]のえほん)

 

この本を読んでから「のらねこ」のことを「ぐんだん」と言うようになり、庭に野良猫が来て犬が騒ぐと、「ぐんだん来た!」と言うようになりました。まちがってる、、

 

このシリーズ流行ってますよね。どっちかというと子どもよりお母さんが楽しいような気がします。絵がすごくかわいい。2歳の子どもには言い回しや場面転換が急で少し難しいような気がします。

 

そらまめくんのベッド (こどものとも傑作集)

そらまめくんのベッド (こどものとも傑作集)

 

プレゼントでいただきました。なんだか大人しく聞いています。

 

どろんこハリー (世界傑作絵本シリーズ)

どろんこハリー (世界傑作絵本シリーズ)

 

なんだかこれもすごくお気に入り。セリフを少しずつ真似するようになってきました。昔からのロングセラーは、日本語の言い回しが頭に残るのかもしれませんね。長さもちょうどいいです。

 

これが気に入っていたので、「うみべのハリー」も買ってみたのですが、こちらは長すぎるのか途中やめにしてしまいます。

 

いたずらきかんしゃちゅうちゅう (世界傑作絵本シリーズ)

いたずらきかんしゃちゅうちゅう (世界傑作絵本シリーズ)

 

絵本のプロが「乗り物好きの男の子にはこれ!」と勧めてくださったので購入。黒い墨で描いたような独特のタッチの絵です。文字が長いので、2歳には難しいかなと思ったのですが、なぜかこれはそれなりに聞いています。電車好きには惹かれるなにかがあるのでしょうか。ただ長いのでこちらの声が枯れてきます。