seven play's blog

seven-play's blog

サスティナママのおすすめ育児グッズとブックレビュー

早期英語教育は危険?サブリンガルになる可能性

f:id:seven-play:20200816192327j:plain

こんにちは、サティです。

ぼちぼち英語教育していた私ですが、こんな危険があることを知りました。勝間和代さんのyoutubeがわかりやすいです。


勝間和代の、英語の早期教育の危険性を理解しよう。コミュニケーション言語と学習言語の違いを知ろう。

 

日本語で難しい概念を理解できる国語力があれば、あとから英語を学んでも、発音はネイティブにはなれませんが、同レベルの英単語を使うことができます。そのためネイティブにもそれなりの対応をしてもらえます。

しかし日本語が未熟な状態でほかの言語を入れてしまうと、国語力が低いままなので使える英語も低いレベルです。発音がよくても、日本語も英語も中途半端になり、どちらの言語の人からもバカにされてしまいます。

 

実際、帰国子女の知人にはこういうケースが多いそうです。細かい機微がわからなかったり。

 

国語力の向上には幼児期にはわらべ歌や童謡、小学生などでは古典を読むといいようですね。しかしまったく英語をやらないというのも心配です。どの程度取り入れればいいのでしょう。。