seven play's blog

seven-play's blog

サスティナママのおすすめ育児グッズとブックレビュー

1~2歳の歯ブラシは、表面用と歯間用の2本セットのピジョンがすばらしい

こんにちは、サティです。

f:id:seven-play:20201018140133j:image

 

f:id:seven-play:20201018140137j:image

 

 

薬局でこんな便利な歯ブラシのセットを見つけました。私が歯磨きしていて必要だと思った要素がバッチリ入っていました。

 

子供が痛がらない柔らかい毛先の、歯の表面を磨くブラシと、歯の間に挟まった食べかすを取り除く細いタイプの歯ブラシの2本です。今までは別々に購入していましたが、こんな便利なセット売りがあったのですね。

 

5本入り、10本入りなどまとめ売りされている子ども用歯ブラシは、毛先が固いものが多いので、3歳ぐらいから自分で磨く分にはいいかもしれませんが、1~2歳に仕上げとしてお母さんがやる場合、相当弱くしないと痛いと思います。お父さんにお願いすると普通の歯ブラシの感覚でがしがし動かすので子供が痛がってあわてて買い換えました。

なので柔らかめで歯茎をマッサージするようなものがいいと思います。そしてそれだけだとどうしても歯の間に食べかすが残ってしまうので、それをかき出すための細いタイプの歯ブラシが必要になります。

この細いタイプは奥歯の裏などの細かいところも磨けます。

 

4歳の長男には、自分で磨く用にふつうの固い子ども用歯ブラシ、仕上げ用は細いタイプだけを使用して表面も歯間も奥歯の裏も磨いています。そして自分も奥歯用として毎日使っています。アマゾンでまとめ買いしています。長男は今のところ虫歯ゼロ。

 

 

↓歯科医で見つけたミクリン。色がやさしくてきれいなのと、ブラシが柔らかく気持ちがいいです。

 

 まとめると、

2歳前の次男

  • やわらかい表面用の歯ブラシ
  • 細い歯ブラシ(ミクリン)

4歳の長男

  • 自分で磨くための、ふつうの固い子ども用歯ブラシ
  • 仕上げ用に細い歯ブラシ(ミクリン)

自分

  • 歯間ブラシ
  • 表面用のブラシ
  • 奥歯用に細い歯ブラシ(ミクリン)

です。

 

 歯間ブラシはクリニカがお気に入り。3連の糸でしっかり汚れをとってくれます。これを使い始めてからほとんど虫歯にならなくなりました。

クリニカ アドバンテージ フロス&スティック 30本×3

クリニカ アドバンテージ フロス&スティック 30本×3

  • 発売日: 2018/03/20
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品