seven play's blog

seven-play's blog

サスティナママのおすすめ育児グッズとブックレビュー

小さいときの親子留学で、子どもの意識を海外へ広げてみる

f:id:seven-play:20201018143729j:plain

こんにちは、サティです。

留学って大学生でするものだから、まだまだ先のことだと思っていましたが、ライフプランシートを作る機会があったので作ったところ、留学の予算を書き出さないといけないので留学について調べました。

 

すると留学は大学生でするまでに親が興味を持つようにいろいろな布石を打つ必要があることがわかりました。

英語に対してネガティブな印象(つまらない授業やテストをクリアするためだけの苦行)を持つ前の、小学生とか幼児の段階で外国文化に触れることで、外国って楽しい、英語で外国の人と話したいと思わせることができればその後の英語の授業への取り組みの姿勢も断然違ってきます。そういう土壌がある子が大学生になったときに自分の選択肢に、留学を加えるわけです。

 

最近は親子留学と言うものがあり、小さい子とお母さんお父さんが一緒に外国に行き、外国人と触れ合ったり文化に触れあったりするプログラムがたくさんあるのですね。ヨーロッパになるとかなり高価になるのですが、マレーシアなどのアジアだとだいぶ予算が抑えられます。そんなに何回も行くことができないので、英語の授業が始まる前か始まってすぐぐらいに一回行き、その後は国内の英語合宿などに隔年で参加し、中学高校になると1人で短期留学させるのがいいかなぁなどと考えています。

 

子供はあっという間に大きくなるので、教育についてはまだ早いなどと思わずにどんどん調べて行ったほうがいいですね。

 

たくさんの留学斡旋会社があるので、近くのショップへ行って資料をもらってみるだけでも最初はいいと思います。今ならズームのオンラインセミナーなどもありますので楽ちんで良いです。私はたまたま申し込んだセミナーの参加者が私1人だったのでマンツーマンで相談に乗ってもらえました。