seven play's blog

seven-play's blog

サスティナママのおすすめ育児グッズとブックレビュー

防災用の暖房に、賃貸でも石油ストーブを持っておく

 

f:id:seven-play:20210524095933j:plain


こんにちは、サティです。

うちは賃貸で石油ストーブ禁止ですが、今年2月のお家防災キャンプで、主に防寒をどうしようかをメインに考えたところ、石油ストーブを置いておくのが一番良さそうだと思い、電気屋で安いものを購入しました。

もちろん普段は使いません。しかしまったく使わなければ使い方を忘れてしまうので、冬の初めに少しだけ灯油を買ってきて、一度は出して暖房をつけ、シーズンオフには長期間保管のお手入れをした後に収納するのを毎回のルーチンにしようと思います。10リットルの灯油のポリタンクと電動の灯油ポンプと乾電池も用意しました。

というのも石油ストーブはメンテナンスが結構面倒なのでペン全く使わなければすぐに忘れてしまいそうだからです。残った灯油をきちんと抜いて天日干しして乾かしたり、芯の処理などをする必要があります。ボタンひとつのエアコンや電気ストーブに慣れていると、こんなに面倒なんだと驚きました。

余った灯油は引き取ってくれるガソリンスタンドを探してお渡しします。セルフは断られることが多いそうなので、最寄りのセルフでないところに行ったらすぐに引き取ってくれました。灯油缶は天日干しして乾かしました。

ちなみに賃貸で石油ストーブが禁止されている理由は火災もありますが結露することが大きいそうです。

また、私が家事の効率化や防災の参考にしている尾崎友吏子さん豆炭アンカを愛用されています。安価で少量でかなり暖かくなるので省エネでとてもいいのですが、扱いが少し面倒なのと一酸化炭素中毒の危険があるのでやはりなんとなく怖いんですよね。

3人子持ち働く母の 「追われない家事」

3人子持ち働く母の 「追われない家事」

 

www.cozy-nest.net

ブログもとてもためになるのでおススメです。

ちなみに石油ストーブは冬のキャンプにも使えるので、なるべく小型でおしゃれなものを買っておくと割高ですが使うのが楽しみになると思います。私は買う時はそれを思いつかなかったので一番安いものを買ってしまいました。

 お部屋に合いそうなコロンとしたデザインがかわいい。

キャンプの有名なメーカー、スノーピークのはやっぱりおしゃれですね。

ちょうど今日のニュースに、冬の電力の備蓄率が低く、今年の冬は電力不足になる可能性があるという記事がありました。災害がなくても備えることは大切ですね。