seven-play’s blog

2歳と0歳の男の子の育児中、なにをどこで揃えたか。自然派志向、ミニマリスト、ちょっとおしゃれでいたいお母さんに。おうち幼児教育も研究中

自然療法、健康

子どもの風邪に。風邪、下痢、咳のときの自然療法はれんこん汁

子どもの風邪には薬を使ってはいけません。ウイルスなので抗生剤は効かないし、咳止めや解熱剤は解毒作用をとめるので、治りにくくしてしまいます。解熱剤は重篤な副作用を起こすこともあります。 熱や鼻水、咳があっても、機嫌がよければ大丈夫。とはいえ、…

乳児湿疹はアトピーやアレルギーとは別

子どもが生後半年ぐらいのときに、急にほっぺが赤く荒れたことがありました。 そのときはアレルギー?!と思い、ミルクをアレルギー用のものに変えたり、実家の洗濯洗剤を自然洗剤にしてもらったり、自分が食べるものからアレルギーの可能性があるものを全部…

昆布だしの味噌汁は超カンタン

行きつけの近所の自然食品店で出汁用昆布を購入していたところ、今時昆布で出汁をとる人は珍しいと言われました。粉末を使う人が多いのですね。でも昆布で出汁をとるのは超カンタンなので、かいてみます。 お鍋に水をはり、だし昆布を入れて数時間放置(2時…

ペットの犬は幼い子どもと触れ合わせてもいいのか

「きたない子育て」はいいことだらけ! ―丈夫で賢い子どもを育てる腸内細菌教室 作者: ブレット・フィンレー,マリー=クレア・アリエッタ,熊谷玲美 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2017/11/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブロ…

健康にもダイエットにもいい、プレバイオティクス

「きたない子育て」はいいことだらけ! ―丈夫で賢い子どもを育てる腸内細菌教室 作者: ブレット・フィンレー,マリー=クレア・アリエッタ,熊谷玲美 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2017/11/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブロ…

腸内細菌だけでなく、膣内細菌も大切

「きたない子育て」はいいことだらけ! ―丈夫で賢い子どもを育てる腸内細菌教室 作者: ブレット・フィンレー,マリー=クレア・アリエッタ,熊谷玲美 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2017/11/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブロ…

妊娠中、授乳期の鉄分補給に鉄瓶

妊娠中や授乳期は体の栄養分が赤ちゃんに行くので、鉄分が不足しがちです。妊婦健診で貧血気味と言われた人も多いのでは。私もそうでした。 鉄剤やホンレンソウなどの食品からの補給はあまり効果がないと聞いたので、鉄瓶で沸かしたお湯を飲むようにしました…

子どもの虫さされには、自然療法のびわの葉エキス

miyakestore.com ウナコーワやムヒなどは経皮毒が気になるので、天然のものを探していました。このびわの葉エキスは、原材料がびわの葉、米焼酎、ラベンダー、ウォッカ。お酒が入っているので口には入れないように注意です。 虫さされをかこうとする息子にこ…

添加物はなぜよくないのか?腸内細菌の重要性

食べ物や日用品に含まれる防腐剤などの添加物は、腸内細菌を殺してしまいます。腸内細菌の重要性は最近テレビでもいわれるようになり、腸内フローラという言葉を使ったりしています。 腸内細菌とは腸内に生息する微生物のことですが、彼らは食べ物の消化を担…

とびひは抗生物質なしで治せる

一歳の夏にとびひにかかりました。小児科で抗生物質を渡されたのですが、抗生物質というのは腸内細菌を殺してしまうのでなるべく飲ませたくありませんでした。 そこで調べたところ、 ・爪を短く切り、やすりで削る ・こまめにシャワーを浴びて清潔にする で…